http://apolloblog.blog7.fc2.com///apolloblog ~東京での生活~
2017・10

<< 09 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 11 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|

2005/04/24 (Sun) お風呂
最近、お風呂にハマっている。
温泉にいくのもよいのだが、自分の家で自分の好きなよーにお風呂に入るのもまた、贅沢だ。

この間、「引越し」をして新築ワンルームマンションに一人で住んでいる。
新築というからには、なかも綺麗で設備もそこそこ整っている。お風呂は独立してあり、特に広いというわけではないが浴槽があり、体を洗うスペースもあり、鏡だってある。

これの引越しがきっかけといえば、きっかけでハマっている。

ま、風呂のハードウェア的な話はこのぐらいにして、

なぜ風呂なのか?

その動機であるが、やっぱり銭湯とか、温泉に行くと気持ちいいのだ。
そして今まで、ルームメイトと住んでいたと言う事もあってシャワーばかりでゆっくり風呂にはいっている訳ではなかったのだ。

ゆえに、風呂でゆっくりしたいという要求も強い。


どうゆう風にして風呂を入っているのかというと、

まず最初にやったのが

キャンドルを灯して薄暗くしてリラックスをするという入り方。

特に誰かに教わった訳じゃないけれども、ちょっとした雑貨屋さんへ行けばバスグッツがたっくさん。
キャンドルに入浴剤に、、
匂いというのは好き嫌いがあって、僕は匂いには結構敏感な方で自分に合った香りというのを知らない。とうか、あまり匂いの強いものは好まない。

なので、特に匂いの無いキャンドルを買い、おうちのお風呂で試してみることに


薄暗くしてお風呂に入ってみると、
3分ぐらいでとても強い眠気がやってくる

この眠気を感じながら意識が薄らいでいく感覚が
リラックスしている、とでも言えようか。


お風呂という空間で別の世界へいってしまっているよう。

表現が悪いがある意味、麻薬みたいなもんである。


やっぱ、熟睡するのには多少その前に儀式みたいなものがあって
お風呂というのはその一つなのかもしれない。


熟睡や睡眠についてはまたの機会にお話したい。














ブログ管理人にのみ表示を許可する


トラックバックurl

→http://apolloblog.blog7.fc2.com/tb.php/16-975b8cb8

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

apollo

Author:apollo
29歳
東京暮らしをhappyに

ケータイからはこちら http://apolloblog.blog7.fc2.com/?m

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。